読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大分県立美術館(美学・美術史)学芸員募集

【自治体・会社・団体名】公益財団法人 大分県芸術文化スポーツ振興財団
【担当者】 公益財団法人 大分県芸術文化スポーツ振興財団総務課
【勤務地(都道府県)】 大分
【勤務先(館名)】 大分県立美術館

【TEL】 097-533-4011
【FAX】
【詳細ページURL】 http://www.emo.or.jp/recruitment/20161107.php

【情報の公開日】 2016年11月4日
【有効期限(〆切)】 2016年12月20日

【仕事内容】
展覧会の企画・立案、美術品等の展示・保管・収集及び教育普及など学芸業務全般

【雇用形態】
(1) 第2次試験合格者は、平成29年4月1日から採用するものとします。
(2) 試験合格者は、採用された日から6ヶ月間は試用期間となります(当財団就業規程に定める契約職員(専門員)として採用します)。この期間中、良好な成績で勤務した場合に限り、正規の職員(当財団就業規則に定める職員)として採用するものとします。
(3) 提出書類の記載事項に虚偽があった場合や学芸員としてふさわしくない非違行為があった場合は、合格を取り消す場合があります。

【勤務時間】
①午前9時00分から午後5時45分まで
②午後0時00分から午後8時45分まで
※ シフトにより月に1~2回程度②の勤務時間があります。
・1日の勤務時間は、8時間45分(うち休憩時間1時間)となります。
・業務に応じて時間外勤務・休日勤務・夜間勤務があります。

【休日・休暇】
勤務表による各人ごとの休日
※ 美術館が年中無休のため、土曜日、日曜日、祝日等の勤務があります。
年次有給休暇、慶弔休暇、育児等の休暇、介護等の休暇、特別休暇 など

【応募(受験)資格】
受験資格
次の要件をすべて満たす者が受験できます。
① 博物館法(昭和26年法律第285号)第5条に規定する学芸員の資格を有する者
② パソコンの基本操作(Word、Excel等の使用)のできる者
普通自動車免許を有する者、又は取得予定の者
④ 大学又は大学院の課程で近代美術、または美学、美術史を専攻した者、若しくは学芸
員として同分野の専門業務経験を有する者

【給与】
給料として、大卒者の初任給(月額18万円程度)に職歴や上位の学歴等の条件に応じて加算された額のほか、扶養手当、住居手当、通勤手当、時間外勤務・休日勤務・夜間勤務手当、期末・勤勉手当(年2回)が勤務形態等に応じて支給されます。
※ なお、試用期間中は、契約職員(専門員)としての給与を支給します。
【待遇】
加入保険等 健康保険、厚生年金、雇用保険
【申込み方法】
以下の書類を提出
①申込書(様式1)
・必要事項を記入し、写真を貼付してください。
②研究・実務実績等調書
(様式2)
・美術館、大学又は民間企業等における研究実績及び実務実績があれば、調書にその内容を詳細に記入してください。
③小論文
(様式3)
・テーマ1・2とも提出のこと。
テーマ1「大分県立美術館が果たすべき使命」
テーマ2「志望動機」
・字数は1,200字程度とします。
学芸員資格を有することの証明書
・資格証明書又は大学等で発行してもらった卒業証明書及び単位取得証明書等とします。
⑤最終学校の成績証明書又は単位修得証明書若しくは単位修得見込み証明書
・大学院修了者又は修了見込みの者は、大学の成績証明書又は単位修得証明書も提出してください。
⑥返信用封筒
・2枚(申込書類を持参する場合は1枚)提出してください。
・封筒には82円切手を貼り、住所、氏名を記入してください。
・封筒の規格は長形3号(23.5cm×12cm) とします。